VagabondWorksTitle
  当Blogは個人の趣味等に関するものです。Vagabond Worksは実在の企業、組織ではありません。
  著作権等は放棄していません。文章や写真、動画の無断盗用、転用はお断りします。

 bCore/bCoreNKD関連情報はこちら⇒bCore/bCoreNKDまとめページ

bDriverMX

bCoreMX向けに開発された、直感的に手元を意識すること無く RCミニ四駆 をスマホコントロールするためのiOSアプリケーションです。
端末の傾きで、Servo1に接続されたステアリングサーボを、端末画面右側をタップや上下にスワイプすることで、前進後退のスロットルコントロールをすることができます。
iOS8.0以降のバージョンのiOSのインストールされている、BLE対応のiPhone, iPod touch、iPad※で利用可能です。

アプリのダウンロードは ⇒App Store : bDriverMX  (2017/01/17公開)

bCoreMXだけでなく、bCore1, bCore1.1, bCore2何れでも使用することができます。

Version更新履歴


Version 1.01 (2017/01/23) リリース
 └Bug Fix
Version 1.00 (2017/01/17) リリース

bDriverMXの使用方法


<起動画面>


<スキャン画面>

・画面下部のScanボタンを押すと、10秒間スキャンを行い周辺の接続可能なBLEデバイスを発見し表示します。
・スキャン中でも、リストに表示されたデバイスを選択して接続することができます。
  上段:設定された名前(初期値はbCore固有名称)
  下段:bCore固有名称 
・bCoreモジュールは、個々にユニークな名前(固有名称:bCore_xxxxxxxxxxxx)を持っており、同時に複数のbCoreモジュールがあっても個々に識別されます。ただし、1つのbDriverMXから同時に複数のbCoreモジュールに接続することはできません。

<制御画面>

・画面中央に現在の電池電圧が表示されます。
・端末をハンドルのように持って傾けると、画面左側のスロットの中の◯が移動して、bCoreのServo1のサーボが左右に連動して動きます。動作方向、原点位置、動き量は次の設定画面から調整可能です。
 Servo2, 3チャンネルのあるbCoreでは、Servo2にServo1と逆相、Serbo2に同相の制御信号が出ているため、前後2つのサーボを搭載して4WSシステムにも利用することができます。
・端末の画面左柄(40%)をタップ、スワイプすると、上下中央からの位置に応じた出力で、bCoreのMotor2のモーターが正転/逆転します。表示されている◯を意識する必要が無いため操作に集中することができます。回転方向は次の設定画面から反転可能です。
・画面左下に、接続されているbCoreが対応している数だけLEDをOn/Offするボタンが表示されます。

<設定画面>

  1. bCoreモジュールへの名前設定
  2. Motor2に接続されているモーターの回転方向の反転
  3.. Servo1(2,3)に接続されているサーボの回転方向の反転
  4. Servo1(2,3)に接続されているサーボの端末を傾けた際に動く幅の調整
  5. Servo1に接続されているサーボの原点位置調整
  6. Servo2,3に接続されているサーボの原点位置調整(Servo2, 3のあるbCoreの場合にのみ表示)

 を行います。
・この設定値は、各bCoreモジュールごとに独立して端末上記録されるます。同じbCoreモジュールに次回接続された場合には自動的に反映されますが、異なる端末間で引き継ぎはされませんので端末ごとに設定が必要になります。

  1. 2017/01/12(木) 12:53:22|
  2. bCoreMX & bDriverMX
  3. | コメント:0

ミニ四駆 スマホコントールラジコン化専用BLEモジュール bCoreMX

bCoreMXってなに?
IMG_0570.jpg
 クラウドファンディングプロジェクト ”RC mini 4WD”用にbCoreをベースに新たに開発された 『ミニ四駆 スマホコントールラジコン化専用BLEモジュール』 が ”bCoreMX”です。
bCoreMXは、専用のFPCと合わせて使うことで、市販のミニ四駆を半田付け作業不要で簡単にスマホコントロール可能なラジコンに改造することができます。bCore同様ファームは焼き込み済み、アプリは各OS無償提供されていますので、取り付けるだけで動かすことができます。技適、FCC、CE対応のBLEモジュールを使用しているため、日本、アメリカ、EU各国での使用が可能です。
※ミニ四駆のカウルが取付可能かどうかについてはカウル形状に依存します。

bCoreMX_connection.png

大きさ:32.0mm x 16.8mm
機能:ミニ四駆の駆動モーター(標準モーターのみ、チューンドモーター不可)の前進、後退スロットル制御
   ステアリング用サーボの制御(1.25mピッチコネクタのデジタルマイクロサーボを直結可能)
   LEDの点灯x2ch
制御用アプリ: iOS、Android、Windows10/Windows10 mobile用に提供されているbDriver各種が利用可能
 →iOS用はこちら
 →iAndroid用はこちら
 →Windows10/Windows10 mobile用はこちら
 対応シャシー:Supe1シャシー、SuperIIシャシー、SuperXXシャシー、TZシャシー
   ※シャシーに穴を開けることでARシャシーにも対応可能

↓bCoreMXを約1分でミニ四駆XXシャシーに搭載してスマホコントルールRCに改造する動画


組付け方法(VSシャシーの場合)

IMG_0571.jpg①薄い両面テープ(FPCとモーターを固定用) と 厚みのある強力両面テー(bCoreMXの固定用) 、ハサミ を用意します。


IMG_0572.jpg②ミニ四駆の標準モーターの接点端子のある面の金属の平らな面に接点部分の突起樹脂に合わせて幅10mm以内程度で 薄い両面テープ を貼り付けます。


IMG_0573.jpg③専用FPCの ”Motor”と書かれたシルクのある面を、先程モーターに貼り付けた両面テープの剥離紙を剥がして貼り付けます。
FPCの凹んだ部分がモーターの端子部分の樹脂凸部分ににピッタリと合うように貼り付け、金メッキされた接触端子面がモーター端子に接触するように注意して貼り付けます。


IMG_0575.jpg④ミニ四駆の電池接点を組み込んだモーターマウンタにFPCを貼り付けたモーターをはめ込みます。FPCを傷つけたり切ったししないように注意してください。


IMG_0576.jpg⑤モーターをはめ込んだモーターマウンタを、ミニ四駆シャシーに取り付けます。


IMG_0577.jpg⑥モーター上面の丸い金属部分に 厚みのある強力両面テープ を貼り付けます。


IMG_0578.jpg⑦FPCに bCoreMX を指します。FPCの金メッキ接点が基板に下向き、FPCの補強板(暗い色の面)が上向きになるように注意してください。


IMG_0579.jpg⑧bCoreMX を、⑥で貼り付けた両面テープの剥離紙を剥がしてbCoreMXを取り付けます。この時、bCoreMX裏面の接点及びコネクタリードなどとモーター金属面が接触しないように十分注意してください。




VSシャシー以外への搭載について

IMG_0582.jpgSuper1シャシー
VSシャシーと同様にして取付可能であるが、FPCの引き回しがやや苦しくなるため、シャシーの一部カットによりFPCに余裕が持たせたほうが良い。


IMG_0583.jpgSuperIIシャシー
VSシャシーと同様にして取付可能。bCoreMXの背面接点等がモーターに接触しにくい構造のため好適


IMG_0584.jpgSuperXXシャシー
VSシャシーと同様にして取付可能。元々モーター交換が用意なシャシーのため作業性が良く、bCoreMXの背面接点等がモーターに接触しない構造のため非常に好適


IMG_0585.jpgTZシャシー
VSシャシーと同様にして取付可能。


IMG_0581.jpgARシャシー
FPCをシャシー上面に引き出す開口部が十分にないため、シャシーの一部に穴を開ける必要があります。


MAシャシー
FPCの取り付けは可能なものの、bCoreMXをFPCに接続する十分なスペースが無い(電池と干渉する)ため対応不可

FMシャシー
モーター電池接点の極性が他のシャシーと異なるため対応不可


接続可能なサーボモーター

bCoreMXは、1個のマイクロサーボモーター(1.25mmピッチ Molexコネクタ3ピン)を直接接続して利用可能です。
電源は、ミニ四駆搭載の 単3乾電池2本 もしくは 単3ニッケル水素電池2本 であるため、3.0~2.4V(から電圧変動及び低下あり)の低電圧条件で動作するひつようがあり、電源変動やノイズに強い デジタルマイクロサーボ の使用が適しています。
具体的には、
HobbyKing™HK-5330ウルトラマイクロデジタルサーボ
HobbyKing™HK15318B低電圧マイクロサーボ
HobbyKing™HK-5320ウルトラマイクロデジタルサーボ
が利用可能です。類似型番で末尾が -S のものは、コネクタが異なります(1.0mmピッチJST SHコネクタ)ので間違わないように注意してください。


LEDの接続について

LEDの接続ポートは、1.25mmピッチのMolex PicoBladeコネクタになっています。bCore用の2ピンコネクタAssyがそのまま利用可能です。ポートはアプリから On した場合に、Hレベル 3.3Vとなるため、Vfの大きなLEDについては点灯できない可能性があります。また、ポートの許容電流は 4mA と弱いため、電流制限抵抗の選定には十分注意してください。秋月電子で取り扱われている 抵抗内蔵LEDは、外付けの電流抵抗なしで接続可能です。このうち、12V用の各色については3.3V系での点灯が可能でこの時の電流値も4mA以下になりますので非常に相性が良くなっています。
 ・秋月電子 抵抗内蔵5mm赤色LED(12V用) OSR6LU5B64A-12V
 ・秋月電子 抵抗内蔵5mm黄緑色LED(12V用) OSG8NU5B64A-12V
 ・秋月電子 抵抗内蔵5mm青色LED(12V用) OSB5SA5B64A-12V
 ・秋月電子 抵抗内蔵5mm黄色LED(12V用) OSY5LU5B64A-12V
 ・秋月電子 抵抗内蔵5mm白色LED(12V用) OSW5DK5B64A-12V
  1. 2017/01/07(土) 16:31:47|
  2. bCoreMX & bDriverMX
  3. | コメント:0

ミニ四駆をラジコンに変えてしまうキット「RCミニ四駆キット」 クラウドファンディング開始します。

ミニ四駆をラジコンに変えてしまうキット「RCミニ四駆キット」
が クラウドファンディング kibidango でスタートします。



当方では、bCoreをベースにしたbCoreMXを開発し、ミニ四駆シャシーに半田付けなしで
取り付け/取り外しが可能なスマホコントロールのミニ四駆無線操縦モジュールを提供します。
メカについても、ネジ止め/外しで装着脱着が可能で、元のミニ四駆に戻すことが可能です。
VSシャシーのみに対応していますが、bCoreMXについては、その他のシャシー
(AR, MA, SuperXX、Super1,Super2)にも半田付け無しで取り付けが可能です。
FMシャシーについては取り付け出来ません。
※キット装着後は前輪ステア後輪駆動になりますのでご注意ください。

bCoreと同じアプリで iOS、Adroid、Winws10、Windows10 Mobileなどの端末からBLE接続で操縦可能となります。
  1. 2016/12/14(水) 12:03:21|
  2. Project: bCore
  3. | コメント:0

bDriverとは?

汎用多目的超小型リモコンロボットコアユニット bCore をコントロールするiOSアプリケーションです。
iOS8.0以降のバージョンのiOSのインストールされている、BLE対応のiPhone, iPod touch、iPad※で利用可能です。

アプリのダウンロードは ⇒App Store : bDriver

 Android端末から bCore を使用したい場合は、@shohaga様が開発・提供している
 bCore Dirver for Android
 Windows10 PC及び端末からbCoreを使用したい場合は、@shohaga様が開発・提供している
bCore Driver for Windows 10/Windows 10 Mobile
 をご利用ください。(2016/11/30更新)

Version更新履歴


Version 1.12 (2017/01/23) リリース
 └接続可能デバイス認証方式(名称→Service UUID)の変更

Version 1.11 (2016/11/30) AppStoreでの公開開始
 └接続可能デバイスチェックの強化、設定画面のレイアウト修正
Version 1.10 (2015/11/06) AppStoreでの公開開始
 └サーボの同期機能、名前設定機能が追加されました。
Version 1.01 (2015/08/22) AppStoreでの公開開始
 └各機能の番号割り付けをbCoreモジュールのシルク印刷に合せました。
Version 1.0 (2015/08/03) AppStoreでの公開開始


bDriverの使用方法


<起動画面>
IMG_4066.png

<スキャン画面>
scan.png
・画面下部のScanボタンを押すと、10秒間スキャンを行い周辺のBLEデバイスを発見し表示します。
・スキャン中でも、リストに表示されたデバイスを選択して接続することができます。
 ただし、bCoreモジュール以外への接続はできません。(強制的にスキャン画面に戻ります。)
 →bDrive Ver.1.11から、アドバタイズパケットでデバイス名が"bCore"で無いデバイスをリストから外すようになりました。
・bDriver ver. 1.10から、リストに表示される名前は、
  上段:設定された名前(初期値はbCore固有名称)
  下段:bCore固有名称 
 となりました。
・bCoreモジュールは、個々にユニークな名前(固有名称:bCore_xxxxxxxxxxxx)を持っており、同時に複数のbCoreモジュールがあっても個々に識別されます。ただし、1つのbDriverから同時に複数のbCoreモジュールに接続することはできません。

<制御画面>
control.png<br />
・bCoreモジュールは、最大で4つのPortOut,4つのラジコンサーボ、2つのモーター(疑似速度制御)を制御できます。
 モジュールの種類ごとに制御可能な機能の数は異なりますが、自動的に通信設定を行い、制御可能な機能のみが制御画面に表示されます。

<設定画面>
settung.png
  1. bCoreモジュールへの名前設定
  2. 各サーボ、モーター、ポート出力機能の表示オン/オフ(制御画面上の表示/非表示)、
  3. 各サーボおよびモーターの回転方向反転オン/オフ、
  4. 各サーボの同期機能オン/オフ、
  5. 各サーボのトリム調整(原点位置の微調整)

 を行います。
・この設定値は、各bCoreモジュールごとに独立して記録されるため、同じbCoreモジュールに次回接続された場合には自動的に反映されます。
 1. 名前設定
  各bCoreモジュールに名前を設定する機能です。
  ここで入力された名前は、次回スキャン時にスキャンリスト上に表示されます。
  これにより、複数のbCoreを運用する場合などの識別性が向上します。
  名前未設定の場合は、bCore毎に設定されたユニークネームの bCore_XXXXXXXXXXXX が表示されています。
 2. 表示オン/オフ
   各機能を制御画面上に表示するかどうかの設定です。
   操作の必要ない機能をオフすることで、制御画面をすっきりとさせることができ、
   誤操作の防止にもなります。
 3. 回転方向反転オン/オフ
  スライダを動かした時に回転するサーボ及びモーターの向きを逆向きにすることができます。
 4. 同期機能オン/オフ
  同期機能をオン設定したサーボは、Srv1のスライダに連動して制御されます。
  自身のスライダはグレイアウトして操作不能になります。
  回転方向反転、トリム調整機能は同期中も独自に設定できます
 5. トリム調整
  各サーボのスライダ中央位置での静止位置を微調整することができます。


  1. 2016/11/30(水) 11:13:16|
  2. bDriverとは?
  3. | コメント:2

bDriver Ver.1.11 リリース

本日(2016/11/30)より、AppStoreにて、iOS用bCore操作用スマホアプリ bDriver Ver.1.11の提供を開始しました。
Ver.1.10からの変更点は

・スキャン時に表示されるデバイスをbCoreデバイスに限定
 BLEデバイスがたくさんあるところでスキャンを行うと、膨大なデバイスがリストに表示
 され、接続したいbCoreを探すのに苦労することがあるため、アドバタイズパケットで
 デバイス名が"bCore"で始まるデバイスのみを接続先候補としてリストに表示する
 ように仕様を改定しました。
 IMG_0289.png
 ※リストに表示される下段の黒い文字がアドバタイズパケットのデバイス名。
  上段の赤文字は、アドバタイズパケットのデバイス名に紐づけされている端末に記録されているデバイス名で、
  設定画面で好きな名前をつけることができます。

・設定画面のレイアウト修正
 設定画面のレイアウトを微修正しました。
 機能面については変更はありません。
 IMG_0288.png


以上、よろしくお願いします。
  1. 2016/11/30(水) 10:05:02|
  2. bDriverとは?
  3. | コメント:0
次のページ

検索フォーム

カテゴリ

Project: bCore (44)
bCoreとは? (3)
bDriverとは? (4)
bCore製作事例集 (5)
bCoreNKDとは? (13)
bCoreMX & bDriverMX (2)
Project: B5 (1)
Project S-4WDS Racing (7)
S-4WDS Racingとは? (1)
S-4WDS Racing進捗 (6)
Project: uLCX2 (2)
uLCX2BLEとは? (1)
uLCX2とは? (1)
Project: LCXX (20)
LCXXとは? (1)
LCXX進捗 (19)
Project: uLCX (12)
uLCXとは? (1)
uLCX進捗 (11)
Project: Land Crawler (39)
Land Crawlerとは? (1)
Land Crawler 進捗 (19)
LC eXtreme 進捗 (19)
AAF 回顧録 (3)
イベント/TV/雑誌など (39)
販売情報 (4)
その他 (9)
Vagabond Works (2)
プロフィール (0)
ICD/HCM (0)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -