VagabondWorksTitle
  当Blogは個人の趣味等に関するものです。Vagabond Worksは実在の企業、組織ではありません。
  著作権等は放棄していません。文章や写真、動画の無断盗用、転用はお断りします。

 bCore/bCoreNKD関連情報はこちら⇒bCore/bCoreNKDまとめページ

ミニ四駆をスマホから無線操縦で四輪操舵できるように改造する!

ミニ四駆をスマホから無線操縦できるように改造する方法を紹介します。
改造するのにプログラミンや電子回路の知識は不要です。



2回にわけて、
・1回めでスロットルの無線操縦化による前進後退コントロール
・2回めは四輪操舵改造によるステアリングコントロール
を紹介します。

今回は2回目の四輪操舵改造によるステアリングコントロールです。

用意するもの
・前回でbCoreで前進後退できるようになったミニ四駆
・ミニ四駆ステアリングシステムセット 2セット
マイクロサーボ(HK15318B) 2個
 ※スイッチサイエンスで販売しているマイクロサーボHKM-282Aはアナログサーボで乾電池2本で使うと電圧が低くて不安定となり挙動が安定しません。電源をLiPoなどにする場合は利用可能です。
・サーボブラケットなどの3Dプリンタ成形部品
 123Dのデータファイル
 STLデータファイル
 このデータはARシャシー専用です。手持ちの3Dプリンタで成形するか、DMM.makeの出力サービスで作成する。
Molex 1.25mmサーボ延長ケーブル 5本組
M1.4で3mmのタッピングネジ4本 サーボホーンブラケットの固定に使う
M2で5mmのネジ4本 サーボブラケットの本体固定に使う
φ4でM2 7mmの丸オスメススペーサ2本 ステアリングロッドを押すサーボホーンブラケットの突起にする

1.ミニ四駆ステアリングシステムセットを前後輪に取り付ける
 ARシャシーの場合、前輪もそのままでは取り付けられないので、干渉して邪魔になる部分を切り取って接着する。
 VS/TZ/TZ-Xシャシーの場合は前輪は追加工無しで取付可能(と書いてある)。
 ミニ四駆は今回はじめて作ったので、シャシーの種類があるとか知りませんでしたw
 タイロッドはフニフニで使いものにならないので、3Dプリンタで整形したタイロッドを前後に取り付ける(方向注意)

2.サーボホーンにサーボホーンブラケットをネジで固定する
 サーボホーンの穴は系が小さいので無理やりM1.4のネジをねじ込むと割れることがある。
 φ1.5くらいのドリルで広げておくほうが無難。
 φ4のスペーサも、M2のネジをサーボホーンブラケットに切ってからねじ込む

3.マイクロサーボをサーボブラケットに固定して本体に取り付ける
01f39f679091b3897447ab4721ceaf12eca861eae6.jpg
01275e39d098709b6d9e13d914f495ba772814df08.jpg
 組立途中の写真をとってなかったので、フロントとリアは組み立てるとこんな感じです。

4.延長用のケーブルを2本改造して分岐ケーブルを作る
01fa0ec8c74293a5b5cfe41b4a84c94751af1a1daa.jpg
 2本の延長ケーブルを切って、1つのサーボちゃんねるから2つのサーボに分岐配線するケーブルを作る。
 長いと邪魔になるので短めに作る。

5.マイクロサーボ2個を接続する
4wds2.png

これで、完成です。
サーボを繋いだチャンネルのトリムを動かすと、前後の車輪が逆方向にステアリングを切ります。
サーボの可動角は90度位ありますが、ステアリング操作に有効なのは30度くらいの中心部分なので、操作する場合に大きくスライダを動かさないほうが良いです。(サーボに過電流が流れて焼きつきを起こしたり、電圧低下でリセットがかかりやすくなるため)
ステアリングを切っているときは、車軸のメインモーターへの負荷も大きくなっているため、電池の電圧が下がりやすくリセットがかかることがあります。対処方法としては、電池をLiPoなどに変更するなどしか無さそうです。

  1. 2015/10/22(木) 12:21:07|
  2. S-4WDS Racing進捗
  3. | コメント:0

ミニ四駆を1分でスマホから無線操縦できるように改造する!

ミニ四駆をスマホから無線操縦できるように改造する方法を紹介します。
改造するのにプログラミンや電子回路の知識は不要です。



2回にわけて、
・1回めでスロットルの無線操縦化による前進後退コントロール、
・2回めは四輪操舵改造によるステアリングコントロール
を紹介します。



今回は一回目のスロットルの無線操縦化による前進後退コントロール
本当に1分でできます。

用意するのも
・ミニ四駆(ここではARシャシーのシャドーシャーク イエロースペシャルを使いました。Amazonで安かったから)
bCoreモジュール
bCore用2ピンコネクタASSY 4本セット
・ハンダゴテと半田少々
・絶縁できるテープ(セロハンテープとかビニルテープとかカプトンテープとか)
・厚めの両面テープ
・BLE対応のiPhoneかiPod touchかiPad

1.モーターに配線
010c7890d2b58780119c1e49992890287054bb8020.jpg
モーターに2ピンコネクタASSYを半田づけします。
極性は気にしなくても大丈夫。前進後退の方向はアプリの設定で入れ替えられます。
チューンド系モーターはbCoreモジュールのモータードライバを損傷する可能性があるので使えません。
標準の130モーターから変更しないでください。

2.電池接点に配線
01e4593e439ae3cb7b16efe773492c38c6d0127020.jpg
モーターマウントを兼ねている電池設定の+端子と-端子で接点の邪魔にならないところにハンダづけします。
電池の+端子側に赤、マイナス端子に茶色(黒)を接続します。間違わないようにしてください。
bCoreの電源端子には一応電源の逆接保護回路が入ってはいます。

3.モータとの接点部分をテープで絶縁
01b78cd5c8bb8c28e444b98a81009b9ee96496bed9.jpg
モーターの端子と接触する端子部分をテープで塞いで組み立てた時に電気的に繋がらないように絶縁します。

4.組み立て配線
0189d4253d289326ff3300add8872431451b1c5aaa.jpg
4wds1.png

モーターをモーターマウントに嵌めて普通に組み立て、隙間から2本のケーブルを表に引き出します。
表の適当なところにbCoreモジュールを両面テープで固定。コネクタと電源とモーター接続端子に接続します。
この時、電源コネクタとモーターコネクタを間違わないようにしてください。

5.アプリをiOS端末にダウンロードして遊ぶだけ!
アプリについてはこちらを参照のこと。
ミニ四駆の電源を入れるとbCoreモジュール上の赤いLEDがゆっくり点滅するので、
その状態でアプリを起動してScanをすると、bCoreモジュールが見つかるので選択すると自動的に接続します。
この時、bCoreモジュールの赤いLEDは早く点滅するようになります。
この状態で、モーターをつないでいるMot1かMot2のスライダを操作すると、ミニ四駆が前後に動きます。
前後に動く方向を変えたい場合は、設定画面でMot1もしくはMot2のFlipのスイッチを変えます。

ハンダ付けに慣れてる人なら1分、慣れてなくても数分で改造できます!

壁等にぶつかると衝撃で瞬間的に電池設定の接続が物理的に切れることがあり、
その場合通信が切れます。再度スキャンしなおして接続し直す必要があります。
電池の電圧がだいたい2.5Vを切ると接続が不安定になってモーターに負荷がかかった場合に接続が切れやすくなります。
  1. 2015/10/22(木) 11:18:44|
  2. S-4WDS Racing進捗
  3. | コメント:0
前のページ

検索フォーム

カテゴリ

Project: bCore (52)
bCoreとは? (4)
bDriverとは? (4)
bCore製作事例集 (5)
bCoreNKDとは? (13)
bCoreMX & bDriverMX (2)
Project: B5 (1)
Project: Fab mini 4WD (1)
mini.Rock (1)
Project S-4WDS Racing (7)
S-4WDS Racingとは? (1)
S-4WDS Racing進捗 (6)
Project: uLCX2 (2)
uLCX2BLEとは? (1)
uLCX2とは? (1)
Project: LCXX (20)
LCXXとは? (1)
LCXX進捗 (19)
Project: uLCX (12)
uLCXとは? (1)
uLCX進捗 (11)
Project: Land Crawler (39)
Land Crawlerとは? (1)
Land Crawler 進捗 (19)
LC eXtreme 進捗 (19)
AAF 回顧録 (3)
イベント/TV/雑誌など (41)
販売情報 (4)
その他 (10)
Vagabond Works (2)
プロフィール (0)
ICD/HCM (0)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30